FC2ブログ

ステント留置

ゲームとか サッカーとか 社会人生活とか おもうがままに つれずれに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっさんホイホイ



通常 ゲームの発売日は 木曜日であることが多いが
今週は 本日 水曜日が 勤労感謝の日であることからか
たくさんのゲームが 水曜日発売でありました。


その中でも ワタクシが購入してきたのは PS3「聖闘士星矢」

今の子は知らないかもしれないけど
私が幼少時代に 大層流行った ジャンプ漫画です。

私が幼稚園から小学校にあがるくらいだとおもうのですが
聖闘士星矢 その人気は凄まじく 
土曜日の夜7時からやっていたアニメをやっていたのですが

当時の家庭は、一家にTV一つというのが普通で
フッ素家も例に漏れず

親父様が巨人戦見る 夜のチャンネル権は 子供にはなかったのですが
この番組だけは 特別(?)というか
わたしが死ぬほどゴネたのか忘れたが 全部みてたと記憶する。

内容は、
主人公セイヤを筆頭とした少年達が
強敵と戦いつつ成長していく ジャンプバトルマンガの王道

主人公達は、アテナ(ヒロイン的なもの)をまもる聖闘士とよばれ

星座型のオブジェが分解して鎧になるという「聖衣(クロス)」を身にまとい戦うのですが

このクロスってのが かっこいいんですよ

OPで 主人公のセイヤが クロスをガチャッ!ガチャッ!っと装着するシーンとか
男なら 燃えないはずがないのです
(ちなみに、どのような仕掛けになっているのか知らないがクロスは全自動で全部くっつく) 

更に言えば、ヒットしたアニメはおもちゃになるわけで(アニメやってるのもそれが目的だろうしね)

聖闘士星矢も例にもれず 主人公達の今で言うフィギュア

「セイントクロスシリーズ」なるものを発売し 私の遊び仲間の中で大層流行った訳です


んで、一番最初に仲間のうちの一人が 主人公「ペガサス セイヤ」を買い

次の人が「ドラゴン シリュウ」次の人が~と 皆 違うキャラを買っていったのです

別に、好きなキャラを被ろうが買えばいいのですが
そこは、当時仲間うちで 持ち寄って遊ぶ時に被ったキャラがいては だめ
という暗黙のルールみたいなのがあったのではないかとおもうわけで
(というかよく覚えてません) 

私 フッ素も やっとこさ誕生日を迎え このセイントクロスシリーズを買う事を
許されたわけですが

困ったことに 主人公達は すでに 皆の手に行き届いており
この買う時点ではまだ、ゴールドクロスとかまでは 発売されていなかった為

私が 選んだのは 「鋼鉄聖闘士(スチールセイント)」の一人(名前なぞ忘れた)

主人公達はクロスを
青銅(ブロンズ)、シルバー(銀)、ゴールド(金)とクラス分け
(それ以降はしらん)
されているわけだが

その中において・・・・なんだよスチールって!

銅、銀、金ときて

合間に、合金きちゃったYO!

銅メダル、銀メダル、金メダルはあっても 

鋼メダルなんて聞いたこと無いYO!

ムダに頑丈そうだYO!

この当時はしらなかったが どうやら この鋼鉄聖闘士(スチールセイント)というの
アニメのオリジナルキャラで 原作にはいなかったらしい

あれだ 人気ジャンプ作品が アニメ化されたけど原作においつきそうだから
オリジナルの話しを差し込んで時間稼ぎしちゃえ 的なやつであろう
類似語では、「ゴクウと完全フリーザがナメック星でにらめっこ」がある


して、そんな苦い思い出もさることながら
このは PS3の今作がでる一足先に
ファミコンでもゲームになっており(一足どころではないが・・・)

私は 2作目(たぶん)のゴールドセイントをシバいていくやつを購入して
死ぬほどやった記憶があるが

横スクロールアクション(結構極悪難度)の末
ゴールにたどり着くと そこのボス ゴールドセイントと
1対1のRPGのようなコマンド式のバトルになるというもので

そのゴールドセイントとの戦いは
相手が攻撃してくる時に十字キーをぐるぐるまわしていると
自キャラが動いて回避することも可能(というか コレをやらないと勝てない)

というものであったが 
自キャラが左画面端まで動くと今度は右端からニョキッとイリュージョンしてくるという
ものであり 更に 右から戻ってきた自キャラは 当たり判定がちゃんとあり
被弾すれば ダメージを食らう


しかも これは 
開発側が 意図しないバグなどではなく
最初から このようになるように作って発売しているのだからある意味凄い事である。

しかしながら ファミコンという性能のなかで
原作での演出を 良く出していたと思うし

愛されるべきクソゲー(褒め言葉)といえるものであった


で、肝心の買ってきたPS3版は
三国○双の聖闘士星矢版と言った感じではあるが

演出や ゴールドセイントの プゲロッな強さなど
良い感じで聖闘士星矢していると思う。

ちなみに 私がみていた当時のアニメ聖闘士星矢とは
声優のキャスティングが変わっている

おそらく 20年以上前の作品であり 中の人が他界していたり(鈴置 洋孝氏など)
折り合いが合わない等 あったのであろうと思われるが

できれば 主人公役の「古谷徹(アムロ)」氏を含め
当時のままでのキャスティングをして欲しかったのが
おっさん達の叫びではある。

しかしながら 今日はずーーっとやっていたが
新声優も イメージを壊す事無く よいキャスティングをしており
雰囲気が壊れるようなことは無いのでご安心を!

今見てもゴールドセイントが かっこいいのう(=ω=)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fusso.blog57.fc2.com/tb.php/968-4b5803ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。