FC2ブログ

ステント留置

ゲームとか サッカーとか 社会人生活とか おもうがままに つれずれに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂ブランド

今度、ゼルダの伝説の最新作が Wiiで発売となる。
ファミ通での ゲーム評価もかなりの高得点であり
任天堂も雑誌で 「ファンを満足させる出来」と太鼓判をおしている。


しかしながら
私個人としては、Wiiという残念ハードでゼルダが出続けることが
残念でしょうがない

私は ゼルダは 小学生の時に無印を遊び  
(ハート全開だと剣からビームがでるのが
異常に気持ちよい!)

ゼルダというタイトルに目覚め

GB版を 死ぬほどクリアし(子供頃はたくさんゲーム購入できないので
一つの作品を舐めるようにやりまくった)

SFCのゼルダに歓喜し

64版 ゼルダをやるために NINTENDO64を購入し
(仮面は難しすぎて未クリア)

ゲームキューブのネコ目リンクも ゼルダ愛で乗り越えました


で、 Wii版も買ったんですよ 好きだから! ゼルダ 好きだから!

でも、だめだーwiiリモコンで 剣を振るったり
 弓矢で 方向を指し示したり めんどくさい 本当にめんどくさい

しかも wiiって そもそも コントローラーの性能がわるくて
狙った所にいかないし イライラするだけ

新しい遊びを提案するのは良いけど
wiiのコンセプトは 私は なんか違うと思う。

だってゼルダって 休みの日とかにコタツで寝っころがって 
「むむ、この壁なんか あやしい」→剣でつっつく キン!キン!
お、音が違う→爆弾設置→隠し部屋発見
「うほほ」とか 
地味ーに発見とかで
チキチキ進めたりするから 楽しいのであって

腕をあっちやったり コッチやったりしないと進められない
ってのは なんか違うよね それはゼルダじゃなくていいんじゃないか?

体感的な遊びは 外行けばいいじゃん バトミントンでもやってるがよろし
まあ、昔からアーケードである 体感型ゲームがあってもいいと思うけど

それを 任天堂ブランドのゼルダにあてがうってのは
もう なにそれ どゆこと? だれもそんなこっちゃ望んでないがな
と言った感じです

ゼルダの新作はやりたいけど Wiiはやりたくないというジレンマです。

任天堂は ハードメーカーだけど 最大のソフトメーカーでもあるわけで
これまで SFCを最後に ハードでは なかなかTOPにつけないまでも

マリオ、ゼルダ、カービィ、ポケモンなどのブランドソフトの強さで
経営自体はかなり良かったのです

だがそれも ハードの不振を補えないところまで来ていると思います。
記憶に新しいのは 3DSの 大空振り

店においてない状況があったほどのDSの後継機とは思えない
不甲斐ない結果もさることながら

ここで任天堂らしからぬ 発売間もないのに大胆な値下げ 10000円も値引き
買いやすくなったことで販売台数が上がるかもしれないが
いままでの任天堂であれば「まだ時期尚早」と、我慢していたところであろう
初代DSだって 最初は売れなかったのである
しかし、ハードの出来の良さを信じ 優良なソフトや 営業活動で 
結果 爆発的に売れたのだ

Wiiに続き、3DSもかなり「なんでこんなハードだした?」という
任天堂の迷走っぷりがすごいハードである

TVでも映画でも3Dで盛り上がっていたわけで
そこに便乗する形で発売したのはいいが

映画も アバター以降あまり聞かないし
TVにいたっては 3Dを買った人を聞いたことが無い(見る度にめがね装着って煩わしすぎるだろ)
んで、〆が 任天堂3DS


3Dと名が付くものは完全に失敗した
といっても良いだろう

そもそも キャラが立体的にみえたって 最初は驚くかもしれないけど

それ以上でもそれ以下でもないですよね・・・

だって ゲームなんて飛び出す3Dどころか2Dでも 
面白ければ 全然それでいいくらいなんですもの

必要性が感じられない+ 擬似的な3Dなので
あくまで 職場の同僚がやった感想なのですが
「目が疲れる」「目がガチャガチャする」といったもので
(ちなみに擬似3Dは解除することもできる)

ただのファミコンの時から 目が悪くなるザマス!と叩かれてたのに
それ以上の「目が疲れる装置」作り出してどーすんだ!
という  感じである。


むかし、スラムダンクという漫画で
陵南と海南の試合で

バリバリのアタッカーである仙道を
ポイントガード(司令塔)に抜擢した奇策をしてきた陵南の監督を

海南の監督が
「奇策とよばれる そのほとんどが相手を意識するあまりに
自分を見失っている愚策」


という言葉をかけていたが 任天堂のハード いまが まさにそれであると思う。

他社と違う土壌でシェア拡大をねらった奇策であったのであろうが

任天堂は 2012年3月期(11年4月~12年3月)の連結最終収益が200億円の赤字となる見込みと発表した。

結果がすべて、
任天堂は すでにもう 「まだあわてるような時期じゃない」と言っている場合ではない。

PS:まあ、スラムダンクで、仙道のポイントガードは機能したんだけどね・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fusso.blog57.fc2.com/tb.php/967-74dbe6bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。