FC2ブログ

ステント留置

ゲームとか サッカーとか 社会人生活とか おもうがままに つれずれに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルゲーム

プロ野球の横浜が 携帯ゲーム会社に買い取られたのは
記憶に新しいところです。

とにかく破竹の勢いで 成長し続けるこの分野の会社。

なんで 家庭用のゲームメーカーが苦戦している最中
こんなに携帯ゲームは儲かってんだ?ってのが
ゲームを毎日やるようなゲーム好きである私の率直な疑問。

実際にやってみたことはないので
正確性に欠けるかもしれないですが
どんな贔屓目にみても ソーシャルゲームとよばれる
携帯向けのゲームは ゲーム専用機の10年前程度のゲーム
と 見て映ります。

ここで、こんなものがゲームだって!?こんなものクソくらえ!
と、幕を閉じてしまっては元も子もないので 話しを進めますと、
(*まあ、私がやることはないですが)

つい先日も ドラクエの製作を手がけ、
イナズマイレブンや レントン教授という ヒット作をもつ
レベルファイブ が この分野の最大手greeの参入を決定。

市場希望は膨らむばかりで

市場規模の拡大は、この分野の強み。
プラットフォームサービス(モバゲとかGREEとか)の登録人数を合算すると5000万人を超えてます。

 

一つのパッケージを買う家庭用ゲームと
すべての会員制のソーシャルゲームを単純比較はできませんが

家庭用ゲームで 10万本売れれば いまはヒット
50万売れれば メガヒット 100万~はミラクルヒットと言う感じでしょうか
(それでもがんばって欲しいのだが)
規模が段違いですね。
さらにいえば、制作費も家庭用の方が高額になるのも必至。

数が多いというのは 本当に強みです。

余談になりますが、
先週の金曜日は東京のビジネスホテルに泊まり
夜遅くまでTVをポケーっとみてたんですが

そこで 芸人ブラックマヨネーズが司会をする 番組がありまして
「ツィッターは 芸人にとってプラスか?」という議題で
賛成、反対に別れ 芸人があれこれ語るというものがあったのですが


その中で 私も知らなかったのですが

元猿岩石、毒舌トークで人気の「有吉 弘行」のツイッターが
100万人のフォローされるほどで
芸人の中では1番なんだそうで

ここで 芸人が自分の本とか 仕事などを紹介してもらうと
大成功(本なら売れる ライブだと チケットが完売)するという事。

そこで東野がいっていた
「100万にという効果は めちゃくちゃ凄い」

と語っており
数と利益と市場の熱気は つながっておるわけであります。 
(製品は、まず 知ってもらう事が一番ですからね)

さてはて、
実際に携帯電話のげーむを、やっていない私が語るのもかなり限界があるのですが
(あくまで 雑誌とかの知識ですからね)

ゲーム性が単純なのに こんなに 大勢の人がやる理由は
他人とのコミュニケーションだそうですね

そんなに コミュニケーションをゲームでとりたいなら
FF11でも PSOでもやりゃーいいじゃん!とか思う次第ですが
そーゆうこっちゃないらしい
家庭用ネットゲーム MMOとかの敷居って高いですからね
FF11の初期なんか PS2本体買って HDD買って
ネット環境整えて スクエニと契約して はじめて 遊ぶ状態ができる
とにかく、入り口が狭いんですよ
(いったん入ってしまえば まあ出口も狭いんですがね もけけ)

んで、携帯電話は いま一人一台持っている時代
無料の会員登録すれば 準備完了。
遊ぶ条件 ひょいっとクリア。

入り口が ぱっかり空いたままのチューリップ

そして 一度入ると でるのがなかなか難しい仕組み
(課金制度、ガチャが巧みにできている)

あとは、最近は タイトルに 有名な版権作品やアイドルが
バカスカ出て、食いつき易くしてますしね

ガンダム、ワンピース、ファイナルファンタジー AKB

そんな中でも TOKIOがCMやっている
ドリランドとかは 登録者数と利益が化け物らしいのですが




↑このキャラクターは 私の世代だとビックリマンシールにしか見えないです

この画像データー(特にアニメーションするわけでもないし、声が出るわけでもない)を取得する為に 
1回300円のガチャをグルグルまわすんですから
そりゃ儲かるわなあ・・・
やっぱり ソーシャルゲームクソ食らえ(すべてが台無しだ)
スポンサーサイト

コメント

結局のところ、ソーシャルゲームと通常のゲームではユーザーが違うんじゃないかなーと思うのですよね。
ずっとゲームやってる人が携帯ゲームにはまるって聞かない気がするもん。今までゲームを大してやっていなかった人を対象に新規開拓したからこその売り上げの良さじゃないかなあ。

なんとなく、一昔前にはやった携帯小説の流れに似ている気がする。
今まで本読んでなかった人が、携帯小説にはまって、すごい流行っていたけど、ずっと本読んでいる人からすれば、なんで文体もむちゃくちゃな素人が書いたもんが売れてんだーっていう。

だから、何年かしたら流行りが終わってすたれてるんじゃないかなと思う。

  • 2012/04/03(火) 01:55:06 |
  • URL |
  • ひょうたん #-
  • [ 編集 ]

>ひょうたんたん
そのとおりで 家庭用のゲーム好きと
ソーシャルゲーム好きは シェアとして被らない層が
大半だと思います。

ならばなぜ、ゲーム専用機で取り込めなかった層が
あんなチンケで付け焼刃ゲーム(失礼である)であるソーシャルゲームに流れたんだろう??

マクロ的にみれば ゲームという枠に属する中で
明らかにゲームそのものの技術は ゲーム専用機の方が上
それでも、ソーシャルのほうに流れるのには偶然じゃないと思うんですよね。

なんていうんだろう、すぐ出来て すぐやめれる
携帯で操作だから「ゲームを本気でやっているわけではなく あくまで暇つぶし」という ゲームを大っぴらにやるのは恥ずかしい層とか
複雑な操作が解からない層を取り込む
計算してるとおもうんですよ。

急成長した会社は 急に廃れることも多いから、
これからどーなるかわからないです。
というか 滅んで欲しいですが げふふん


経営テクニックというか そこは 既存のゲーム会社は
見習うところもあるのかな?と思いますが

最近の 儲かっているところに便乗じゃーというノリで
大手ゲームメーカーが どんどんソーシャルの分野に
参入しているのは いままでのゲーム業界がぶっ壊れるんじゃないかと(携帯ゲーム程度で PS3の莫大な開発費でつくったゲームより 純利益で 上を行かれたら 作ってる側もアホらしくなって 良いゲームがでなくなるんじゃないかと・・・・)

不安でしょうがないので ソーシャルゲームは ゲーム業界の癌であると思う次第です。(有名人ならば炎上する内容だ)

  • 2012/04/04(水) 23:36:01 |
  • URL |
  • フッ素 #UqRRy/dA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fusso.blog57.fc2.com/tb.php/1000-e6660ed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。