ステント留置

ゲームとか サッカーとか 社会人生活とか おもうがままに つれずれに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声優を自分でキャスティング



先日 PSP用ゲーム「セブンスドラゴン2020」を購入。

これは DSで出ていた ダンジョン型RPG「セブンスドラゴン」の続編に当たるもの

前作同様、探索にあたる 自分のキャラを作り 物語に入るのであるが

そのキャラメイクに 今回は声を選べる。

声を選ぶこと事態は、PSOなどのキャラメイクでもあったし
そんなに珍しいことではないが

このセブンスドラゴン2020の何がすごいって
その声の声優の豪華さ

そんなに声優やアニメに詳しくない人でも
一回は聞いたことある面子であろう

=選べる声優=

男性声優

阿部敦
石田彰
江川央生
岡本信彦
小野大輔
神谷浩史
黒田祟矢
櫻井孝宏
下野紘
杉田智和
竹内良太
中井和哉
中村悠一
福山潤
三木眞一郎

女性声優

加藤英美里
桑島法子
佐藤利奈
沢城みゆき
竹達彩奈
田中理恵
田村ゆかり
茅原実里
豊口めぐみ、
豊崎愛生
日笠陽子
堀江由衣
水樹奈々
悠木碧
ゆかな 

これはもう キャラメイク時に悩みまくることこの上ねえでガス!

3人PTとなるのですが

私は

デストロイヤー♂(CV:阿部敦)
サムライ♀(CV:佐藤利奈)
サイキック♀(CV:田村ゆかり)

でやってます

声的に
禁書目録 の上条さん(ぶんなぐる!とかそのまま・・・)とビリビリ
シュタインズゲートの 阿万音鈴羽

の3人PTです。

好きな声を選べるというのは、盛り上がりますな
やっぱ ゲームの声は俳優などではなく声優をつかうべきですよ

声色にも技術があるのですよ技術が(=ω=)

ちなみに 原作はまったくみたことがなかったが
銀魂の動画で 杉田氏の物まねの上手さに驚愕した ぶるぅわぁー


スポンサーサイト

焼き牛丼



私の勤務先のすぐ近くに 一つの牛丼屋が OPENした。

その名も「東京チカラめし」

ここのメインは、牛丼!

それも ただの牛丼ではなく「焼き牛丼」なのでございます

従来の 吉野家やすき屋などのいわゆる「牛丼」は
肉を鍋で煮込んであって それをゴハンによそって食べるというものでございましたが


ここの「焼き牛丼」は その名が示すように肉を焼くのです

TVで紹介されているのを見たことがあったので

試しに本日 食してみたら これが美味。

肉がにくらしいくらいに肉なんです!
お肉食ってる感が凄いです!ジューシィ!

吉野家とかのは玉葱丼です!!(ちょ

そして 価格の安さ 280円(OPEN価格らしい)

ちかくに店舗がある方は 一度足を運ぶことをオススメします。

おっさんホイホイ



通常 ゲームの発売日は 木曜日であることが多いが
今週は 本日 水曜日が 勤労感謝の日であることからか
たくさんのゲームが 水曜日発売でありました。


その中でも ワタクシが購入してきたのは PS3「聖闘士星矢」

今の子は知らないかもしれないけど
私が幼少時代に 大層流行った ジャンプ漫画です。

私が幼稚園から小学校にあがるくらいだとおもうのですが
聖闘士星矢 その人気は凄まじく 
土曜日の夜7時からやっていたアニメをやっていたのですが

当時の家庭は、一家にTV一つというのが普通で
フッ素家も例に漏れず

親父様が巨人戦見る 夜のチャンネル権は 子供にはなかったのですが
この番組だけは 特別(?)というか
わたしが死ぬほどゴネたのか忘れたが 全部みてたと記憶する。

内容は、
主人公セイヤを筆頭とした少年達が
強敵と戦いつつ成長していく ジャンプバトルマンガの王道

主人公達は、アテナ(ヒロイン的なもの)をまもる聖闘士とよばれ

星座型のオブジェが分解して鎧になるという「聖衣(クロス)」を身にまとい戦うのですが

このクロスってのが かっこいいんですよ

OPで 主人公のセイヤが クロスをガチャッ!ガチャッ!っと装着するシーンとか
男なら 燃えないはずがないのです
(ちなみに、どのような仕掛けになっているのか知らないがクロスは全自動で全部くっつく) 

更に言えば、ヒットしたアニメはおもちゃになるわけで(アニメやってるのもそれが目的だろうしね)

聖闘士星矢も例にもれず 主人公達の今で言うフィギュア

「セイントクロスシリーズ」なるものを発売し 私の遊び仲間の中で大層流行った訳です


んで、一番最初に仲間のうちの一人が 主人公「ペガサス セイヤ」を買い

次の人が「ドラゴン シリュウ」次の人が~と 皆 違うキャラを買っていったのです

別に、好きなキャラを被ろうが買えばいいのですが
そこは、当時仲間うちで 持ち寄って遊ぶ時に被ったキャラがいては だめ
という暗黙のルールみたいなのがあったのではないかとおもうわけで
(というかよく覚えてません) 

私 フッ素も やっとこさ誕生日を迎え このセイントクロスシリーズを買う事を
許されたわけですが

困ったことに 主人公達は すでに 皆の手に行き届いており
この買う時点ではまだ、ゴールドクロスとかまでは 発売されていなかった為

私が 選んだのは 「鋼鉄聖闘士(スチールセイント)」の一人(名前なぞ忘れた)

主人公達はクロスを
青銅(ブロンズ)、シルバー(銀)、ゴールド(金)とクラス分け
(それ以降はしらん)
されているわけだが

その中において・・・・なんだよスチールって!

銅、銀、金ときて

合間に、合金きちゃったYO!

銅メダル、銀メダル、金メダルはあっても 

鋼メダルなんて聞いたこと無いYO!

ムダに頑丈そうだYO!

この当時はしらなかったが どうやら この鋼鉄聖闘士(スチールセイント)というの
アニメのオリジナルキャラで 原作にはいなかったらしい

あれだ 人気ジャンプ作品が アニメ化されたけど原作においつきそうだから
オリジナルの話しを差し込んで時間稼ぎしちゃえ 的なやつであろう
類似語では、「ゴクウと完全フリーザがナメック星でにらめっこ」がある


して、そんな苦い思い出もさることながら
このは PS3の今作がでる一足先に
ファミコンでもゲームになっており(一足どころではないが・・・)

私は 2作目(たぶん)のゴールドセイントをシバいていくやつを購入して
死ぬほどやった記憶があるが

横スクロールアクション(結構極悪難度)の末
ゴールにたどり着くと そこのボス ゴールドセイントと
1対1のRPGのようなコマンド式のバトルになるというもので

そのゴールドセイントとの戦いは
相手が攻撃してくる時に十字キーをぐるぐるまわしていると
自キャラが動いて回避することも可能(というか コレをやらないと勝てない)

というものであったが 
自キャラが左画面端まで動くと今度は右端からニョキッとイリュージョンしてくるという
ものであり 更に 右から戻ってきた自キャラは 当たり判定がちゃんとあり
被弾すれば ダメージを食らう


しかも これは 
開発側が 意図しないバグなどではなく
最初から このようになるように作って発売しているのだからある意味凄い事である。

しかしながら ファミコンという性能のなかで
原作での演出を 良く出していたと思うし

愛されるべきクソゲー(褒め言葉)といえるものであった


で、肝心の買ってきたPS3版は
三国○双の聖闘士星矢版と言った感じではあるが

演出や ゴールドセイントの プゲロッな強さなど
良い感じで聖闘士星矢していると思う。

ちなみに 私がみていた当時のアニメ聖闘士星矢とは
声優のキャスティングが変わっている

おそらく 20年以上前の作品であり 中の人が他界していたり(鈴置 洋孝氏など)
折り合いが合わない等 あったのであろうと思われるが

できれば 主人公役の「古谷徹(アムロ)」氏を含め
当時のままでのキャスティングをして欲しかったのが
おっさん達の叫びではある。

しかしながら 今日はずーーっとやっていたが
新声優も イメージを壊す事無く よいキャスティングをしており
雰囲気が壊れるようなことは無いのでご安心を!

今見てもゴールドセイントが かっこいいのう(=ω=)

任天堂ブランド

今度、ゼルダの伝説の最新作が Wiiで発売となる。
ファミ通での ゲーム評価もかなりの高得点であり
任天堂も雑誌で 「ファンを満足させる出来」と太鼓判をおしている。


しかしながら
私個人としては、Wiiという残念ハードでゼルダが出続けることが
残念でしょうがない

私は ゼルダは 小学生の時に無印を遊び  
(ハート全開だと剣からビームがでるのが
異常に気持ちよい!)

ゼルダというタイトルに目覚め

GB版を 死ぬほどクリアし(子供頃はたくさんゲーム購入できないので
一つの作品を舐めるようにやりまくった)

SFCのゼルダに歓喜し

64版 ゼルダをやるために NINTENDO64を購入し
(仮面は難しすぎて未クリア)

ゲームキューブのネコ目リンクも ゼルダ愛で乗り越えました


で、 Wii版も買ったんですよ 好きだから! ゼルダ 好きだから!

でも、だめだーwiiリモコンで 剣を振るったり
 弓矢で 方向を指し示したり めんどくさい 本当にめんどくさい

しかも wiiって そもそも コントローラーの性能がわるくて
狙った所にいかないし イライラするだけ

新しい遊びを提案するのは良いけど
wiiのコンセプトは 私は なんか違うと思う。

だってゼルダって 休みの日とかにコタツで寝っころがって 
「むむ、この壁なんか あやしい」→剣でつっつく キン!キン!
お、音が違う→爆弾設置→隠し部屋発見
「うほほ」とか 
地味ーに発見とかで
チキチキ進めたりするから 楽しいのであって

腕をあっちやったり コッチやったりしないと進められない
ってのは なんか違うよね それはゼルダじゃなくていいんじゃないか?

体感的な遊びは 外行けばいいじゃん バトミントンでもやってるがよろし
まあ、昔からアーケードである 体感型ゲームがあってもいいと思うけど

それを 任天堂ブランドのゼルダにあてがうってのは
もう なにそれ どゆこと? だれもそんなこっちゃ望んでないがな
と言った感じです

ゼルダの新作はやりたいけど Wiiはやりたくないというジレンマです。

任天堂は ハードメーカーだけど 最大のソフトメーカーでもあるわけで
これまで SFCを最後に ハードでは なかなかTOPにつけないまでも

マリオ、ゼルダ、カービィ、ポケモンなどのブランドソフトの強さで
経営自体はかなり良かったのです

だがそれも ハードの不振を補えないところまで来ていると思います。
記憶に新しいのは 3DSの 大空振り

店においてない状況があったほどのDSの後継機とは思えない
不甲斐ない結果もさることながら

ここで任天堂らしからぬ 発売間もないのに大胆な値下げ 10000円も値引き
買いやすくなったことで販売台数が上がるかもしれないが
いままでの任天堂であれば「まだ時期尚早」と、我慢していたところであろう
初代DSだって 最初は売れなかったのである
しかし、ハードの出来の良さを信じ 優良なソフトや 営業活動で 
結果 爆発的に売れたのだ

Wiiに続き、3DSもかなり「なんでこんなハードだした?」という
任天堂の迷走っぷりがすごいハードである

TVでも映画でも3Dで盛り上がっていたわけで
そこに便乗する形で発売したのはいいが

映画も アバター以降あまり聞かないし
TVにいたっては 3Dを買った人を聞いたことが無い(見る度にめがね装着って煩わしすぎるだろ)
んで、〆が 任天堂3DS


3Dと名が付くものは完全に失敗した
といっても良いだろう

そもそも キャラが立体的にみえたって 最初は驚くかもしれないけど

それ以上でもそれ以下でもないですよね・・・

だって ゲームなんて飛び出す3Dどころか2Dでも 
面白ければ 全然それでいいくらいなんですもの

必要性が感じられない+ 擬似的な3Dなので
あくまで 職場の同僚がやった感想なのですが
「目が疲れる」「目がガチャガチャする」といったもので
(ちなみに擬似3Dは解除することもできる)

ただのファミコンの時から 目が悪くなるザマス!と叩かれてたのに
それ以上の「目が疲れる装置」作り出してどーすんだ!
という  感じである。


むかし、スラムダンクという漫画で
陵南と海南の試合で

バリバリのアタッカーである仙道を
ポイントガード(司令塔)に抜擢した奇策をしてきた陵南の監督を

海南の監督が
「奇策とよばれる そのほとんどが相手を意識するあまりに
自分を見失っている愚策」


という言葉をかけていたが 任天堂のハード いまが まさにそれであると思う。

他社と違う土壌でシェア拡大をねらった奇策であったのであろうが

任天堂は 2012年3月期(11年4月~12年3月)の連結最終収益が200億円の赤字となる見込みと発表した。

結果がすべて、
任天堂は すでにもう 「まだあわてるような時期じゃない」と言っている場合ではない。

PS:まあ、スラムダンクで、仙道のポイントガードは機能したんだけどね・・・

掃除!

本日は、サッカー日本代表の北朝鮮戦がTVでやるのですが
時間が午後4時と 社会人には不可能な時間。

というわけで 会社休みました(ぇえ

仮病とかではないですよ!

一ヶ月前からちゃんと(?)申請した有給でございます

ちゃんと申請すれば たとえ 遊びとか趣味でも有給とれる雰囲気であるのは
前の会社とちがって 今の会社の良いところですな
(まあ、逆に忙しい時とかは 休みないけど)

そして なにやら また 出張の予感がするので(名古屋とか・・・名古屋とか・・・)
もう休み取れる時にとっとこうというわけでございます

昨日いきなりきのサイト更新し始めたのは 今日やすみだからでございます(=ω=)




唐突ですが FFの新作 零式買ったんですよ 発売日に!


で、これUMD2枚組みでございまして

1枚目をPSPにパイルダーオンしまして
ゲームをすすめますと すぐに2枚目にいれかえてね♪

となりまして「え、もう入れ替え?めんどくせ!」となりまして

このゲームは、あとで~いーやと 部屋のどこかに 放置。

そして
いざやろうと思ったら無いんですよね どこにも無いでござる。
我が部屋と言う名の小ブラックホールに飲み込まれたか・・・エル・プサイ・コングルゥ

こふん

じゃあ、掃除してみようというわけで

今日 朝9時からおきて せっせか掃除してたのですよ

もうビックリするね ゴミ袋5個ぐらい出たYO!

でも 零式でてこねえ!

どうなってんだYO!どこいったんだYO!

ガンダム

IMG_5199.png



私が 小学生の頃は、SDガンダムという
2頭身のガンダムが大変流行っておった時代で
私自身も
この2頭身のプラモデルやカードなどを買いあさっていたクチなのですが

そのガンダムが形を変えたとはいえ、 
アニメの新作を十数年経過した現在でもバリバリやっているという事は、

改めて ガンダムとはすごいコンテンツであるなぁと思う次第です フッ素です こむばんわ

さて、ガンダム ゲームも当然の事ながら いっぱい出てます

まあ、ガンダムに限らず昔のファミコン時代のいわゆる有名版権物の「キャラゲー」は、
謎というか 存在意義そのものが解らない仕様なものもあったりしました 

Zガンダム>ガンダムを目視できるまでが大変だったような

コンボイの謎>そもそもトランスフォーマー関係ないし

きん肉マン>ブロッケンjrなしで

戦えラーメンマン>詳しくは忘れてしまったが
友人宅で触ったときに そのあまりのクソさ(褒め言葉)に驚愕
おそらく、クソゲーオブザイヤーが当時にあったのであればブッチで一位であったのは
疑いの余地がない

聖闘士星矢>とうきょうとたいとうく・・・

とか。

しかし、昨今のガンダムのゲームは 本当に良く出来ているものが多く

中でも 12月1日にでる

「機動戦士ガンダム EXTREME VS.(エクストリームバーサス)」

これは期待していいでしょう!

予約しました!


アマゾンで!


発売日にトドカネエ!ぷげらぁ!



こほん

これはシリーズ物であり
前作をPSPで しぬほどやりまくりましたが

自分で ガンダムを思う存分操って戦ってみたい
という願望を叶える一品であると思います。
使用キャラは
私はいつもザクです ザクで行きます

嘘だといってよ バーニー!



おそい・・・おそいぞ!AMAZON!

ネットショップの金字塔AMZONさん をご利用のみな様。

最近 何か発送が遅いと思いません事?(なぜ おかまちゃん)

いままでは、予約すれば 当日は厳しいにしても
その次の日には 届いていたのですよ

最近のAMA公は、予約してたゲームを平気で 
3日後とか5日後に持ってきやがります


のーー! ゲームは 生物よ!
鮮度が一番なの! 
発売日という名の鮮度が過ぎた 発売日3日すぎたゲームなど
購入後3時間したマックポテトと同義!

本当にしっかりして欲しいです!

ちなみに昨今のデーター

①PS3テイルズが 木曜発売日で きたのが日曜日着(一週間前に予約)配送:郵便局

②あおの軌跡は、発売日着(半年前に予約)配送:佐川

③ダークソウルは、木曜発売日で 日曜日着(3日前に予約)配送:郵便

④旋律のラタトクス 発売日着(半年前に予約)配送:佐川

⑤「俺の屍を超えてゆけ」のPSP版 土曜日に着(2週間前に予約)配送:郵便



・・・・遅くなる条件は 明らかか(=ω=)

浦和レッズJ2降格の危機




今年のJリーグは 上位から下位まで 戦力差が拮抗しており
勝ち点の開きが無い いわゆる「だんご状態」

ここ最近こんな状態が続いているのだが
順位の下から3チームは J2の上位3チームと入れ替えとなる

昨年は インテルに移籍した長友や、日本代表の今野が在籍し強豪であった
「FC東京」が降格し ビックリしたものである。

そして 今年は 福岡、山形の降格は決定。
この2つは お金もないので 補強もままならず、
もともと戦力的にきびしいものがあり 
失礼ながら順当といえば順当な結果といえると思う。

そして もう1枠に

甲府と なんと ビッグクラブである浦和レッズが争っている状態である。

甲府は 日本代表で ブレイクした FW「ハーフナーマイク」がいるとはいえ

チーム力は やはり乏しいものであり わかるのだが

サッカーに興味が無い人でも名前をしっている
あれだけのサポーターとお金があるレッズが この位置にいる事は不思議でならない。

原因として 色々考えられるのだが
実際に ここ最近の試合をみると チーム状態の悪さが伺える。

今年は フィンケ監督を解任し、ペトロビッチを迎え入れたが
開幕する前から このまったく実績のない監督の手腕は疑問視されていた。

その悪い予感どおり プランが良くわからない試合を続け
あれよあれよと言う間に 降格圏内である。

のこり数試合になってから フロントも慌てて監督交代をしたが
それが 身内の堀監督・・・・
開幕から任せるならありだけど
この負けられない降格あらそいには
もっと優秀な監督をつれてこないと・・・危機感が足らないのでは・・・・

昨年のFC東京も 身内での監督交代で結局落ちたわけですし

横浜マリノスには 怪我から復帰した梅崎の活躍で辛勝するも
ナビスコ決勝では 鹿島に力負け

わがジュビロとの試合は 見るも無残な3-0

甲府が 後半40分まで マイクの得点で1-0でリードしてたにもかかわらず
最後の最後で 同点、逆転されたのは 幸運であったが
それがなかったら いまの順位は逆転していた

浦和レッズが J1からいなくなることは J全体の活気がなくなる事につながり
(浦和の試合は 客が入るし なにより 野球の巨人のように
 良い選手をかき集めたチームとの対戦燃えるものである)

落ちてもらっても困る。


レッズがなぜここまで苦戦しているのかは、
先にはなした 前監督が 無能すぎたのはあるとして
(ナビスコ決勝まではいったけどね)

戦力も 見直しが必要かもしれない
レッズのいまの状態でよく言われるのが「戦力は整っているのに」

だが 果たしていまのレッズに本当にJ1で 勝ち進んでいける程の戦力があるのか?
というと 必ずしもそうとはいえない

戦術がチームに浸透している広島のような状態であれば
十二分な戦力ではあるが
いまのレッズにそれは求められない。

私は、ジュビロ磐田のサポーターなので 木曜日の試合はフルでTVで見たが

フォーメーションは、4-1-4-1を採用し


トップには、エクスデロ・・・これが 果てしなく「?」

エクスデロ は、ジュビロサポーターの視点から見て、はっきりいってまったく怖くない!

すぐ転んで キープできない ポジショニングが悪い シュートの制度もない
ドリブルも単調 他を生かすパスが出来るわけでもない

そして 2列目からのシャドー的なFWとして 原口元気であるが

これも空回り というか
DFを抜いたり 置き去りにするなどドリブルは確かにすごい・・・
しかしかながら
猪突猛進ドリブルしか しないので ボールをとられまくっていた
1回PKエリアまで食いこんだのがあったが
中に誰もつめておらず
(あのタイミングで単騎ドリブルしてもそうなるのは当たり前なのだが)
回りが見えていないというか 自分勝手なプレイと見えてしまう

更に言うならば 果敢に勝負を仕掛けるのは 多めに見るとして
しかけて 自分の失敗でとられたボールを一切追わない場面が何回か見受けられた
あれでは チームの為にやっているとはいえない
 
梅崎や 柏木も効果的に動けているとはいえない

こんな状態で 得点できるわけがない
手前味噌となるが 我がジュビロの山崎と前田のFWコンビが
二人で DFを打開し 3得点したのと比べると あまりにも差がある

横浜戦では PK(ミスしたが元気が押し込んだ)と梅崎のミドルで2点とっているが
それをのぞくと 公式戦で得点が全然ない

点がとれなければ 勝てる訳が無い
4-1-4-1という不可思議な陣形は 
ワンボランチを置いて 前5人で相手を責め崩す意図なのかもしれないが

崩すどころか シュートにさえ持っていけないし
MF山田が不在とはいえ 山田は良い選手だが
オリンピック日本代表一人がはいったところで
劇的にチームが変わるとも思えない

この陣形でいくならば 守備でも攻撃でも中心になるであろうボランチ

そのワンボランチも 知らない選手だったが あまりにもLVが低く
話しにならなかった(ジュビロが中盤を支配できたのは このボランチの能力の低さである)

阿部と細貝を 海外に出してしまったので 
ボランチのできる人材がいないのかもしれないが
それならば そここそ補強すべきである 
もと日本代表とはいえ鈴木だけでは心もとないし
鈴木の出場停止や 怪我をした 次の選手が あれでは・・・・


あとはいい加減 過去の栄光の選手に高年俸払い続けるのは
やめたほうが良い 田中、坪井、鈴木、DF山田などのベテラン勢は
年俸にあった働きをしていない


残り3節 仙台、福岡、柏であるが

いまの状態で 守備が安定している仙台に勝てるとは思えないので
よくて引き分け

福岡は 順当にいけば 勝ち点3
しかし 降格がきまっているチームなので 逆に伸び伸びプレイされると
足元をすくわれる可能性がある

柏は、優勝がかかってるし 無理だろう・・・


甲府の出来次第というところもあるが
甲府には 17得点しているハーフナーマイクがいる
こういう厳しいところで 得点できるFWがいると いないとでは
だいぶ違う。

ペドロが去り行く際に「得点できるFWがいれば・・」といったそうだが
本当にそのとおりであると思うし、 エジを出すなら とるべきであった
(そういや、デスポ何チャラ~ とかいう外人とったか・・・たしか得点してないけど)

レッズは とにかく厳しい状況である。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。