ステント留置

ゲームとか サッカーとか 社会人生活とか おもうがままに つれずれに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作り手



「とある魔術の禁書目録」 というアニメが非常に面白い(続編が放送されようとされている かなり遅い)
という事は なんどか ここで話しをしましたが

このアニメの原作(ラノベ)の事もしらなかったですし
この作品自体も 実は良く知らなかったのですが とあるキッカケで見たところ

まっさらな状態で この作品に触れる事ができ いらぬ外部の情報がない分
純粋に 目の前の作品に触れられた事は 非常に幸運であったと思います。
(巷では、相当人気作品だったそうなのですが^^;)

昨今では、ゲームや アニメなどでは このゲームは あの制作会社が作った!
あのプロデゥーサーがつくった!あの有名音楽作家が作曲!

このアニメは あの人気作家が書いた作品!などなど

製作側が ニョコッとですぎの感じがします。

数多くの作品が乱雑する中 一定のメーカーや製作者の作品に嗜好が偏っていくというのも
わからないでもないですが

そのような枠組みをとりはらった
開発側の存在をわすれるような 作品こそがすばらしいとおもいます。

考えてみてもください
カセットをふーふーして(コレは実は良くないらしいのだが)ファミコンをバチッと起動させて
スーパーマリオを 猿のようにやっていた幼少時

コレは あの神といわれた「宮本茂」氏がおくる 意欲作!とか おもわなかったですし
(まあ、この当時は無名だが。。。)

ドラクエⅢをやったときに エニックスのRPG期待大!とは おもわなかったわけですよ

メーカーなんて 二の次で やって面白い作品こそがすべてであり それが正しいゲームの姿であるとおもいますし

いまの 戦闘曲ひとつとっても だれそれの戦闘曲だ!という
製作側がズイズイ 前に出てきているのは 異様ですな

ゲームは 総合メディアなので 極論 ストーリーが駄目でも 戦闘がおもしろければ満足できるし
戦闘がつまらなくても話しでグイグイひきこまれたりするし
皆が 絶賛する 完璧ゲームでも 何かシステム周りがしっくりこなくて 駄目であったり

開発とかだれがプロデゥースとかをとっぱらって 目の前のゲームそのものをやっての感覚こそ
すべてであるとおもうわけです。

そんなことを言ってるワタクシが最近ファルコムの作品ばっかりやっているわけですが
 
べつにファルコム贔屓にしているわけではなく
純粋に ファルコムのゲームが面白いからやっているだけですよ だけですよ
今週の木曜日には零の軌跡だ!(またファルコムか・・・とか言わない!

スポンサーサイト

イースVS空の軌跡



自社のオールスター的なゲームは めずらくもなく
古くは SNKの KOFシリーズやカプコンのVSシリーズ
さらには任天堂のスマブラや最近ではナムコのテイルズシリーズのものまでありました

さて、そんな中 今年8月にひっそりと発売された 
ファルコムのまさにオールスタ「イースVS空の軌跡」

イース7と空の軌跡を愛するワタクシのために開発されたと言っても過言ではない(過言である)

ファルコムが好きな一部の層の一部の人のみをターゲットとした作品といえるでしょう

発売日のときから気になってたのですが 空の軌跡3が積みゲーとなっていたので
本編のネタバレとかあるかもしれんから3クリアしてからにしようとおもってたのです
(3が本筋からズレすぎた話で、ネタバレもクソもなかったがな!)

んで、晴れてクリアしたので 速攻で購入!

内容は・・・・劣化型パワーストーン・・・・ごふふん げふふん

連打したもの勝ちというか 当たり判定とか読みあいなどの
戦略という言葉がこのゲームにあるのか果てしなく疑問であるが

とりあえず 空の軌跡をすべてやった人なら エステルとヨシュアを
アクション操作できるだけで このゲームの価値は 十分であると思う次第でございます(むちゃくちゃな

あと OPとかカットインとかの人物が 微妙にアニメーションするようになってたのには
ビックリ(いままでは一枚絵をエフェクトで誤魔化していた)

まあ、これはファンディスクと割り切ることにします(あれ・・・空の軌跡3でもそんなことをいったような・・・)

空の軌跡3 をクリア!



ファイナルファンタジーの最新作となる 「FF14」が PC版先行発売で
まもなく発売となりますが

非常に首を傾げたくなる事が多く 私一個人の感想としては
ファイナルファンタジーのナンバリングタイトルは 全てやっていた身として
残念でしょうがない というのが素直な感想です

それまでも 丁度 β版をやっている友人から「かなりのやばさ」という報告はうけており
また、改善する気どころか 話し合いの余地すらないなど

「FF14大丈夫か?」という事もさることながら 

まあ、細かい内容は各々調べていただくとして 
これはもはやFFの名がつくものではないだろうという域でございました


・・・・・・馬鳥て。。。


さて、今回のFFに限らず好きなRPGの続編が 「コレはちょっと 期待していたベクトルと違うものだしてきたな!」と言う事は 結構あったりするのですが


タイトルの「空の軌跡3」も まさにそれでございます。


これの1と2は だいぶ前にクリアしてたのですが
その すばらしい ベッタベタの王道RPGっぷり(褒め言葉)
に 非常に感動したわけですが

今回やった3の主人公は 1と2で主人公であった「エステル」ではなく
1と2で脇役としてでたツンツン緑髪ボーガン男

まあ、2の最後で 意味ありげな事やってたので

妥当かな~とおもったら あんた やってみてビックリ!
これ ストーリー無いに等しいQ

ただひたすら一つのダンジョンを潜っていって 
その過程で 2までに出た仲間が開放されていくってなもので
いやいや 空の軌跡から ストーリーとったら何ものこらへんで!

といったもので 実は 2が終わった後すぐ手をつけたものの
「だめだめ これを空の軌跡の続編とはみとめません!放置!」という
メンドクサイ顧客その1だったのですが

先日 なんとなくまた再開して やったら トントン拍子にクリア!
緑髪とくいしんぼシスターは 陰うすかったけど!

なんていうんでしょうか
「もう、お前が全部戦えばいいじゃん最強の親父」とたたかったり
「また お前か ナメクジのように分裂しまくる剣帝野郎」と再戦したり
もうファンディスクですね これは

なかでも とある扉を開くことで各キャラの再度ストーリーを見ることができるのですが

これがなかなか良いです 前作をやっていることを前提ですが(まあ当然だが・・・)


中でも エステルとヨシュアの幼少期の話

100917_004301.jpg

ヨシュア「虫は・・・いらない」

エステル「がーーん」

には吹いた
やっぱ この二人が 空の軌跡ではいいですな



あと 裏武闘大会

100919_033826.jpg

絵ふざけすぎだろ!某 おまえはもう死んでいる・・・漫画かよ!

って 感じですが面白かったです

空の軌跡の戦闘って 意外と面白いんですよね
FF7のマテリアルみたいな強化システムと グランディアのような戦闘システムで
結構きつめのバランス(死ぬときはあっさり死ぬし 強いボスクラス(剣帝など) 鼻からスパゲティが出るほど強い)

そして これで 空の軌跡シリーズとして完結ということで

この九月 末尾に空の軌跡の世界観を周到した完全新作となる 「零の軌跡」発売決定!




はい、買うー絶対買うー
特に ファルコムのRPGをやったこと無い人に薦めたい!!

なぜなら
空の軌跡は 面白いが PSPで1からやるのは お薦めしない
なぜなら 「1」は、かなり前に発売している為
まだかなりロードが長い 相当イラつくLV
しかも 1と2は それ二つで 一つの作品といってよく
1の序盤などは それはもう 退屈という言葉しか浮かばないほど暇
その平和な日常が
後に盛り上がるストーリーの布石であったりするのだが
盛り上がるまでの我慢が必要となります(これ序盤で辞められるともったいない過ぎる)

ということで オススメは完全新作の「零の軌跡」から
(まあ、ワシもやってみないと面白いかわからんがな!天元突破!)

プラチナ参戦

今の世の中 忙しくない人などおらず
社会人は職種は違えど みな忙しく 種類は違えど学生は学生で忙しいです
そんな世の中では 何かをするのに「~するのに時間が無い」ではなく
それをするために「時間をつくる」という考え方をしないと
何も出来ないまま 駄々流れのように時は過ぎ去ってしまうわけで

頭を使って 皆時間を計算しながら生活しているわけございます


えー 頭に脳みその代わりに カイワレダイコンがはいっているフッ素
時間の計算できずに 当ブログかなりの放置状態でございました<(_ _)>
申し訳ありません 30歳超えたら 仕事終わってビール飲んだら眠くなるんだイヤッフー


さてはて 9月も半ばをこえまして
あれだけ 暑い暑い言っておったのが懐かしいがの如く
夜 窓を開ければ寒い風が入ってきて すごしやすくなってきました

そして ワタクシがやっている対戦型格闘ゲーム「ブレイブルー」では
アーケード用に新作「2」が発表に伴い

シンキャラ「プラチナ」がお披露目!↓

100917_005737.jpg






・・・・魔法少女?


・・・ごふふん そう、もう9月も終わる!
これは 実はわたくし個人的には すごく 重要イベントがフラグされております

それは!

いままで使っていた クレジットカードが使えなくなる!

なんでかっていうと いままでのクレジットカードは 学生もしくは 29歳以下を対象にした
カードだったので 三十路こえたおまえはもうつかえねーよ!

というお知らせが来た次第でございます

というわけで あたらしいカードに変えなければならないのですが

めんどくさくて 後回しにしてた!ごふぅー 。。。


ええ、学生のときは 夏休みの宿題を8月31日のみならず 
始業式9月1日は提出にならないので 9月1日まで計算に入れるほど
メンドイ事はあとまわしにしてたタイプですよ あははは
(私が小さい頃の昔は ネットないから日記の天気予報が 大変なのですよね。。。)

さてはて クレジットカードというのは
普段の買い物では 特に私は使用しないのですが

ネット関係の支払いを軒並みこれでやっているので
ないと困っちゃうわけであります
なかでも
・XBOXの月間ネット使用量 
・アマゾンさんの代金支払い
・FF11の契約料
・ニコニコプレミアム会員代

が差し迫った問題でございまして
中でも アマゾンさんないのが不便でつな!
ゲーム、本、CD、DVD 今ではほとんどアマゾンさんですからな!

ああ、もう中毒者!

FF11に至っては まったく全然微塵も上がってさえいない状況が半年近く続いている為
このまま解約の方向ですすめております
LSの野良猫にアイテム金に換えて渡そうかと思い昨日あがって
競売をみたところ
LVキャップ開放と共に 私の家宝が軒並み値崩れを起こしておりまして

いやーーたぶん なんかLV75キャップ時の10分の1ぐらいの値段になってて
総資産100万いかないかもしれない ほげぶー


本日 あたらしいクレジットカードの申請をしたので 早く来ることを祈り中

声優



とある魔術師のインデックス6まで定価で購入 視聴しました 7注文中です!
この作品とにかく先が気になる展開に 次々と購入を続けてしまい
自分自身の物欲の弱さにいくら掛かったのか計算すると 耳から耳汁でます!

だが後悔はしてない!なぜなら このインデックスを 

「とある科学のレールガン」から入った身としては

このレールガンの主人公であるビリビリ少女こと御坂おねーさま登場から テンションMAXだす!

うほ、なんか レールガンのときの年長者として 「おねーさま」している御坂さんと違う!
すっごいツンツンキャラ!

レールガンのほうでも インデックスの主人公 上条さんとの絡みはあったんだけど
あくまで ギャグ展開であったので
こちらのアクセラレータ編のシリアスな展開での絡みがいい!


いやーもうハマリすぎですねー ええもう たぶん最後まで買うことは目に見えてますね~
はは はははは(遠い目

さて、だいたいのアニメでそうであると思うのですが
DVD購入のおまけとして オーディオコメンタリー(DVD内の話を見ながらの声優同士の対談)がついているのですが これが楽しみなんですよね~
担当のキャラの声を当てたときの心境とか聞けるのもそうなんですけど
声優同士の何でもない日常会話とかが意外と面白いですね

中でも、御坂美琴の中の人が 「うちの飼ってる猫は~8Kgぐらいある~」(通常猫は大人で3Kgぐらい)
に吹きました

そして そんな声優同士の対談で 今回のこの作品の声優の配役はベストマッチだ!という話しが
ポロッと でてたのですが

事 このインデックスに関しては ワタクシ個人的に
本当にキャラと声がマッチしていると思う次第でごいます!

もともと小説があってのアニメであり
原作の小説を読んでいて アニメを見た人が描いていた声というものと
いきなりアニメにはいって 初めて印象付けた声を いっしょに満足させているとおもわれます。


プロの人が 選考を受けて 配役うけてるだから あたりまえじゃないか!
と思われるでしょうが そうは 問屋がおろしません

声優業の中 そうアニメ、ゲーム 映画の振り替え など活動の幅は増えてきておりますが

「・・・これはないだろう」というものも数多く点在するわけでございまして

なんといいましょうか 某 武器と職人の漫画であるソ○ルイー○ーという漫画のアニメでは
主人公の女の子に 超絶棒読み声優(一応声優w)を起用し

一話目で そのあまりの棒読みさに そのアニメを見た人97%がズッコケたという
逸話もあるくらいでございます(嘘

しかし このアニメを全て揃えたワタクシとしては この女主人公=この棒読み声優という
思考回路ができあがってしまい もう慣れたというか この人以外考えられなくなるから 
不思議ですね 最後の方はちょっとは演技上手くなってましたし

そういえば この ソウルイーター絡みでいえば(あ、伏字わすれたw)

この主人公の相棒 武器のソウルイーターの声を現役高校生がやっているという事で(当時、現在大学生)
すこし話題にもなったのですが

こっちのほうも まあ、 作品中おせじにも上手い演技とはいえなかったのですが
声質自体は ワタクシ自身いい声だとおもっていたのです

そんな経緯があり、 だいぶ前にガンダムユニコーンというガンダムの新作↓

100909_002226.jpg



の1巻をみたのですが

非常に面白く 2巻を出るのを心待ちにして折るのですが

先日 ふと そういや このユニコーンの主人公バナージの声は
だれがやってんだこれ~とおもって
パッケージの裏見たらビックリ 「内山 昂輝」の文字が



はて どこか~で見たことが・・・・


ああ、あの下手糞だった ソウルイーターの声だ!

と ビックリしました いやもう 滅茶苦茶 演技上手くなってる!

ストーリー全部みて すでに2~3回みてきいてたのに 全然きがつかなかった!!

いやー 声優さんの演技も 成長していくものなのですね(=ω=)

とある魔術のインデックス がおもしろい



アマゾンは プレミアム会員だと 対象商品は頼んだ翌日に届いているの凄いですねえ
「とある魔術の禁書目録 2」が届いておりました~

いや ほんとうに良い出来です!超絶 面白いです!3巻注文した!(弱すぎる。。

この作品は 当たりや イヤッフー!

しかし 昨今 とんと アニメ関係は 見ていなかったのですが
いまのアニメも面白いものは たくさんあるのですな

私は リアル放映中のTVでアニメは見ないで(見るときは一気に見たいので)

だいたい 気になった作品を ピンポイントで 買うか 借りるかします

その購入判定基準は もう 勘。

この「とある魔術~」も 原作はまったく知らなかったですし アニメやってたのも知らなかった!

んが、この作品のスピンオフの 「とある科学の~」というのを 
雑誌(ファミ通)で紹介されているのをみて
興味をもち 話しを見て その原話にいった~という経緯です


漠然とする 情報の中で 「これはおもしろいんじゃないか?」と判断するわけで

当然 「だみだこりゃ・・・」という作品を芋引くこともあるわけですが
そーいう 失敗あってこその面白い作品だとおもうんですよね わたしは


今の世の中 インターネットが普及して とにかく ありとあらゆる事において
情報が先行していますが

たしかに 調べたい事項が 検索を書けるだけで ダイレクトに情報が得られる(情報の正確性はともかく)

インターネットは便利ですが

この 安易に 最短ルートで情報が得られるという今の便利な環境が
私たちに果たして 良い事なのか?というと 全てが良いことばかりでないようにおもいます


昔であれば 情報といえば雑誌、TV、ラジオ、口コミなど限りある情報でありました


いまのように ゲームであれ ラノベであれ 漫画など
あれもこれもPCで検索すれば情報が出てくるような世の中ではありません


そんな中 コレは面白いものか?欲しいものか?という


ユーザーが自分で限るある情報の中で判断して 購入していたわけで いってみれば 買う側にも 
その作品を見定める「選定眼」なるものが必要であったわけであります。

とくにゲームや漫画などの趣味思考の世界は 人によって違うわけで
買ってやってみないと(読んでみないと) わからないわけです

もし 「これは面白そうだ~」と買ってきて それが期待にそぐわない物であったとしても
「自分の情報の収集があまかった・・・次はもっと慎重に選んで買おう」と思うわけですが

いまのようなネット情報世界では
「このゲーム(漫画)は、ここがこんなにだめだー!」と
声高々に  マイナス方面に全力でネガティブな発言を声高々としている方がおりますが

その駄目な(その人が思う)作品を買ってしまった己の選定眼の低さを鍛えなさいよ と思う次第です。

たぶん あーいうネガティブな なんの足しににもならないような意見を書く人って
若い人だと思うんですが


爺くさいですが 「うひー面白そうだと思ったけど 期待と違う作品ひいちまったー失敗したー」

という体験はやっといた方がいいとおもうですよね

もちろん学生となれば お金も無いですし あれこれ欲しいものは多いのに
買ってきたら 期待と違えば 腹も立つでしょう

でも そーいうときに買ってやったゲームとか漫画とかラノベとかって
ぶーぶー文句いいながら やりきったり読みきったりしたりするわけで

これが ゲームならクリア 小説なら読みきったとなると
達成感からでしょうかねえ 不思議と 残る作品となったりすわけです。

ですから いまのような 某掲示板のようなインターネット中心の 万人にうける作品にダイレクトにアクセスするだけではなく

ゲーム屋や 書店屋に 自分で足を運び 自分の目で見て
感じて 作品を選んでくる!自分で作品を開拓していく!というのは ほんとうは 実はとても大切なことなんではないかと思う次第です



↑子供っぽいという外見で 偏見でやってない人も多い「ポポロクロイス」のシリーズは
 私の中でも トップクラスの良作RPGなのでやることをオススメします やりゃ 泣くよ!これは!

とある魔術の禁書目録



うにゃーーっふー!

つい 10日前まで クーラーが無い生活であったため 
あたらしく居間に購入した クーラー様から 放たられる 冷機という神風を
体全体で ありがたく受けて止めているフッ素です こむばんわ!

さてはて 私が 発売日に購入していた アニメDVD(TV放映はみていない)
「とある科学の超電磁砲」というものが 完結いたしまして
これが なかなかに面白かったのです。

んで、この作品が 他の元の作品の外伝的話ということで
その元の作品 

「とある魔術の禁書目録(インデックス)」

に興味を持ち これは~アマゾンで買ってみるか~とおもい
アマゾンで チキチキさがしたところ
あったにはあったのですが モロ定価

アマゾンでは 新作のDVDなどを買うと はじめから 20%OFFぐらい(6800円定価で5000円くらいで買える)
があるのに 一切なし

うーーむ どしようか~と迷うものの

まあ、 買っちゃえ!と、買ってみました!

んで、本日届いていたので1巻をみたのですが
いやーコレが面白い 主人公の高校生の男の子は とある科学~ の方でもでてたのですが(まあ 本来逆なのだが・・・)

いまどきめずらしい好青年でありつつ かなりの不幸な星を背負っており
初っ端から トラブルに巻き込まれ その後も
泣け崩してきに 更なるトラブルに巻き込まれていく様が 涙をさそい(笑)ます

いやーおもしろかった!


・・・ので


2巻すでにアマゾンに注文してシマウマ!(弱っ


しかし これの原作はライトノベルということで
私も学生時代は ライトノベルに相当にハマって 
あらゆる ライトノベルに手をだしたものです。 
しかし、最近ではめっきり読まなくなっていたので
超能力、魔法と剣の世界の話は 面白いですね

ライトノベル というか ファンタジー小説の
私の原点は やっぱ「ロードス島戦記」ですかねえ(いまの子はしらんだろうて・・)

あとは オーフェン、 スレイヤーズ、 卵王子あたりが好きだったな~
・・・しらない あ、そうですか これもう 15年以上も前のですからね


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。